Premiere Tips -初級編- ツールを使った簡単な編集

Premiere Tips -初級編- ツールを使った簡単な編集

概要

ツールを使った基本的な編集方法をご紹介します。

※作業環境はMacOS(Mojave)
※ショートカットキーはAdobe Premiere Pro 初期設定を使用

動画解説

メインパネルについて

プロジェクトパネルはシーケンスや撮影素材などを集約したパネルです。

プロジェクトパネル

プロジェクトパネルからタイムラインパネルのV1にビデオクリップをドラッグ&ドロップします。

トラックにクリップをドラッグ&ドロップ

するとタイムラインパネルにクリップが追加され、プログラムモニターに映像が表示されます。

クリップをタイムラインにのせるとプログラムモニターに表示される

同じように使用するビデオクリップをタイムラインに並べます。

プログラムモニターはタイムラインパネルと連動しています。
タイムラインパネルで再生ヘッドを動かすと(スクラブ)、再生ヘッドのある位置のフレームがプログラムモニターに表示されます。

タイムラインパネルとプログラムモニターは連動している

スペースキーで再生、もう一度スペースキーを押すと停止になります。
プログラムモニターの再生、停止ボタンをクリックすると同様の動きになります。

プログラムモニターの再生、停止ボタン

ソースモニターはダブルクリックしたクリップの全てを確認でき、尺を削ることやシーケンスに挿入することができます。

ソースモニターはクリップの内容を確認できる

ツールについて

ツールパネルを説明しながら編集をします。

選択ツール

選択ツール(ショートカット:V選択したクリップを移動することができます。

選択ツール

下図では最初のクリップと2番目のクリップの位置を入れ替えています。

選択ツールを使ったクリップを移動

トラックの前方選択ツール

トラックの前方選択ツール(ショートカット:Aは選択したクリップ以降のクリップも移動することができます。

トラックの前方選択ツール

リップルツール

リップルツール(ショートカット:Bはカットするタイムコードまでドラッグすると次のクリップとの間が空くことなく埋まります。

リップルツール

選択ツールで同様の操作を行うと次のクリップとの間に隙間ができます。

選択ツールでトリミングした場合

レーザーツール

レーザーツール(ショートカットキー :Cはカットしたいタイムコードをカットすることができます。
不要な部分はクリップを選択してdeleteで消すことができます。

レーザーツールでクリップをカット

同じように他のクリップも不要な部分をカットしていきます。

スリップツール

スリップツール(ショートカット:Yはクリップの尺を維持したままクリップのタイムをスライドすることができます。

スリップツール

クリップの先頭をダブルクリックしてソースモニターで確認するとタイムが変わっていることがわかります。

スリップツール使用前後のタイム

ペンツール

ペンツール(ショートカット:Pはプログラムモニターに直接グラフィックとして図形や線を描くことができます。描かれたシェイプは空いているトラックにレイヤーとして追加されます。

ペンツール

下図はプログラムモニター上で4つの頂点を打ち四角形を作っています。

ペンツールで四角形を描画

エフェクトコントロールパネルのシェイプをクリックするとパラメータが表示され、図形の形や色などを調整できます。

図形の色を調整

パスをクリックするとプログラムモニター上の図形にバウンティングボックスが表示され、頂点を動かすことで形を修正できるようになります。

図形の形を調整

クリップと同じように尺の調整もできます。

図形の尺を調整

手のひらツール

手のひらツール(ショートカット:Hはタイムラインを移動することができます。

手のひらツール

横書き文字ツール

横書き文字ツール(ショートカット:Tはプログラムモニターに直接文字を打つことができます。打たれたテキストはペンツールと同じく空いているトラックにレイヤーとして追加されます。

横書き文字ツール

エフェクトコントロールパネルのテキストをクリックするとパラメーターが表示され、文字の色やサイズの調整が可能です。

エフェクトコントロールパネルのテキストのプルダンメニューを開く

今回は以下のように調整しています。

文字サイズや色などを調整

トランジション

次にBGMを入れます。
プロジェクトパネルに入れてあるオーディオクリップを、タイムラインパネルのA1トラックにドラッグ&ドロップします。

オーディオクリップをA1トラックにドラッグ&ドロップ

BGMの尺が長いので映像に合わせて調整します。

オーディオクリップを映像に合わせて調整

このままでは急に音が切れてしまうのでフェードで消えるようにエフェクトを適用します。
プロジェクトパネルの隣にあるエフェクトパネルをクリックし、オーディオトランジションクロスフェードの中にあるコンスタントパワーをBGMの最後に【ドラッグ&ドロップします。

オーディオクリップにエフェクトを適用

適用したエフェクトをダブルクリックするとトランジションのデュレーション設定ダイアログボックスが表示され、デュレーションの長さを確認、変更ができます。今回は2秒にしていますが、好きなデュレーションを設定してください。変更後OKをクリックします。

デュレーションの調整

再生するとBGMがフェードアウトしていることがわかります。

エフェクト適用前後の音量比較

再生をして気になる部分がなければ完成です。
最後に完成した動画を書き出してみましょう。以下の記事で動画の書き出し方法をご紹介しています。


おまけTips

エフェクトパネルの検索窓を使うことで使用したいエフェクトを探すことができます。

検索窓から探す

エフェクトパネルの一覧からエフェクトを探すこともできます。

エフェクト一覧から探す

よく使うエフェクトはカスタムビンに登録しておくと便利です。

カスタムビンに登録

カスタムビンは新規カスタムビンをクリックすることで作成できます。
作成したカスタムビンフォルダにエフェクトをドラッグ&ドロップすることで追加できます。

カスタムビンフォルダにエフェクトをドラッグ&ドロップ

information

検証日:2021-09-06
環境:macOS Mojave(10.14.6) / Premiere Pro 2020(14.6)