Premiere Tips -初級編- 素材を読み込む方法

Premiere Tips -初級編- 素材を読み込む方法

概要

premiereのプロジェクトパネルに動画、静止画、音声の素材を読み込む

Premiereに動画、静止画、音声の素材を読み込む方法をご紹介します。

※作業環境はMacOS(Mojave)
※ショートカットキーはAdobe Premiere Pro 初期設定を使用

動画解説

動画を読み込む方法

メニューバーにあるファイルをクリックし、読み込みをクリックします。
ショートカットキーcommand + Iでも読み込めます。

ファイルから読み込みをクリック

Finder上から該当する動画を選択して読み込みをクリックします。
複数選択して読み込むことも可能です。

ファイルを選択し読み込みをクリック

これで動画素材を読み込むことができました。
ラベルの色によって素材の種類がわかります。
バイオレットは音声無しの素材です。アイリスは音声有りの素材です。

プロジェクトパネルに読み込まれた映像素材

静止画を読み込む方法

静止画素材も動画素材と同じように読み込みます。
Finderからプロジェクトパネルに直接読み込むことも可能です。

静止画も同じように読み込む

これで静止画素材を読み込むことができました。

プロジェクトパネルに読み込まれた静止画素材

連番素材を読み込む方法

メニューバーにあるファイルをクリックし、読み込みをクリックします。
連番素材はFinderからのドラッグ&ドロップでは読み込めません。

ファイルから読み込みをクリック

連番の先頭の素材を選択し、オプションをクリックして画像シーケンスにチェックが入っているかを確認します。
チェックが入っていないと連番として読み込まれません。
チェックが入っていれば読み込みをクリックします。

連番ファイルは画像シーケンスにチェックが入っているか確認

再生すると連番として読み込まれていることがわかります。

連番ファイルとして読み込まれた素材

音素材を読み込む方法

音声素材も動画、静止画素材と同じように読み込むことができます。
今回はナレーション用の音声素材を読み込みます。

音声素材を読み込む

モノラル素材なので、1つのオーディオチャンネルが表示されています。

モノラル素材

同じように、次はBGM用の音素材を読み込んでみます。

BGM素材を読み込む

ステレオ素材なので、2つのオーディオチャンネルが表示されています。

ステレオ素材

オーディオチャンネルの変更方法

収録素材の場合1chにガンマイク、2chにピンマイクなど分けてあることもあり、使用したい方だけに変更することもできます。

素材を右クリックまたはcontrol + クリック変更からオーディオチャンネルをクリックします。
ショートカットキーshift + Gでも可能です。

オーディオチャンネルを変更

クリップを変更ダイアログボックスが表示されるので、クリップチャンネル形式を【ステレオ】からモノラルに変更します。

ステレオからモノラルに変更

該当するメディアソースチャンネル、【 L 】【 R 】を選択してOKをクリックします。

該当するメディアソースチャンネルを選択

これでステレオからモノラルに変更できました。

モノラルになった音声素材

素材を読み込んだら次はシーケンスを作成します。
以下の記事でシーケンスの方法についてご紹介しています。


おまけTips

その他の読み込み方法

他にもいくつか素材を読み込む方法があるのでご紹介します。

メニューバーにあるウィンドウをクリックし、メディアブラウザーをクリックするとメディアブラウザーパネルが表示されます。

メディアブラウザーパネルを開く

メディアブラウザーパネルから素材をプロジェクトパネルにドラッグ&ドロップすると読み込めます。

メディアブラウザーパネル

FinderからPremiereのプロジェクトパネルに素材をドラッグ&ドロップすると読み込めます。

Finderからプロジェクトパネルにドラッグ&ドロップ

プロジェクトパネルをダブルクリックすることでFinderが表示され素材を読み込めます。

プロジェクトパネルをダブルクリック

information

検証日:2021-08-16
環境:macOS Mojave(10.14.6) / Premiere Pro 2020(14.6)